--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オーディオはお金をかけだすと果てがなかったり、
発電所で音が変わるなんて宗教じみた話(さすがにこれは僕も信じてませんが)があったり、
手を出してみるには抵抗があるものだと思います。
でも最近はポータブルオーディオ機器が安く手に入るようになってきましたし、
ヘッドホンやイヤホンに位はお金を出してもいいと思うんです。
まぁそんなの人それぞれなわけですが、とりあえず「でもイヤホンの違いとか俺わからない」って人に向けていくつかすぐ違いのわかるポイントを。
この辺を踏んでいればだいたい違いがわかるはず。

まず10000円を超える辺りのイヤホンは中身の駆動方式が変わります。
具体的にはダイナミック型からバランスドアーマチュア型にですね(いくつか例外もありますが)。
VA機って呼ばれるヤツですがこれはダイナミック型に比べて音の解像度(細かさみたいなもの)が高くなり、分離度も上がります。
なので音楽のパート毎の音やバックコーラスなどに気を使うとかなり違いがわかるはずです。
このパート毎の音の大きさがイヤホンとかヘッドホン毎に違うんです(周波数特性)。
これが「このヘッドホンは低音がよく聞こえる」とかの理由ですね。
またうまく言えないことなんですが、安いイヤホンはいろんな音がまとまって聞こえるんです。
で高いイヤホンになるとそれがなくなるので、「こんな音鳴ってたの?」みたいなのがわかります。
さらにVA機の特徴として中高音に強いというのがあります。
逆に低音を期待するならヘッドホンなわけですが。
ほかにも音色(同じ「ラ」の音でも「あ」と「い」が違うとか)の話とかあるんですがあまり初心者向けでないので省きます。
結論だけ言うととりあえずいいイヤホン買ってみたら後ろの音に気を向けてみるです。
あとはオーディオはエージング、いわゆる慣らし運転をしないと本調子が出ないものばかりです。
物によるんですが長いものでは500時間とか鳴らさないと本調子にならないものもあるとか。

思いついたのはこのくらいで終わりです。
ただし僕もオーディオにとても詳しいわけではないので、
間違いや他のポイントもあるかもしれません。あくまで「だいたい」ってとこです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://ballooooooooooo.blog17.fc2.com/tb.php/182-fbea13c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。